アルテミス ウイメンズ ホスピタル

メニューを開く
私たちについて

私たちについて

ご挨拶 院長 島田信敬

院長 島田信敬
院長 島田信敬
経歴 順天堂大学医学部卒業。順天堂大学医学部産婦人科教室入局。順天堂医院、順天堂大学浦安病院、きよせの森総合病院、長野赤十字病院を経て現在に至る。
所属学会 日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、日本超音波医学会
資格 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、東京都医師会母体保護法指定医、順天堂大学臨床研修指導医
趣味 ドライブ、一汗かいたあとのビール、物産展巡り
患者様へ 少しでも皆様のお役に立てるようがんばります。

ご挨拶

 こんにちは、院長の島田です。
 アルテミス ウイメンズ ホスピタルの前身は、きよせの森総合病院産婦人科です。1960年に開設されて以来、順天堂大学の関連病院として地域の産婦人科医療の一端を担ってきました。年間の出産数は約1,400件。大学病院等で研鑚を重ね、確かな診断能力と技術を身につけた医師陣が診療にあたってきました。ぜひ当院で、安全で快適な出産・入院ライフをお過ごしください。

1. 二つの大きな役割

 わたしたちが地域医療において果たすべき役割は、大きくわけて二つあると考えます。第一の役割は、疾病の高度な診断と管理の能力により、患者様が適切な医療を速やかに、かつ継続的に受けられるようにすることです。もう一つの大きな役割は、緊急時の対応と後方支援病院との確実な連携です。
 出産を例にとって説明します。「お産は病気ではない」とよく言われますが、実は出産はリスクと背中合わせなのです。リスクとして考えられるものに、妊娠高血圧症候群、前置胎盤、癒着胎盤、弛緩出血その他の大量出血、HELLP症候群、子癇発作等があげられます。産科医療では常にこうしたリスクを意識し、それに備えていなければなりません。
 当院産婦人科は、高い診断能力と技術を備えた医師陣が、最新の超音波診断装置を駆使して外来の診療にあたり、妊婦健診において異常を発見すると共に、出産時に起きうる問題をできる限り正確に予想して対処しています。毎晩、当直医師とオンコールの医師が待機し、緊急帝王切開や大量出血等の緊急事態に備えています。病棟では、十分な教育訓練を受けた看護師と助産師が、患者様の状態を密に観察し、医師に報告しています。そして、より高度な設備を備えた病院の治療が必要と判断したときには、速やかに順天堂練馬病院、多摩総合医療センター、多摩北部医療センターをはじめとした後方支援病院に紹介し、搬送が必要なときは迅速に手配に努めています。

2. 患者様の満足が私たちのゴール

 私たちのゴールは患者様の満足です。アルテミス ウイメンズ ホスピタルの理念は「良質な医療の提供」を謳っています。技術や知識の提供には重要ですが、それを偏重するのではなく、患者様を支援するトータルなケアを提供し、患者様に満足していただいて、はじめて良質な医療と呼べると考えています。
 この観点から私たちは、患者様とのコミュニケーションを大切に考えています。診断も、治療も、看護も、食事も、すべてのサービスが、患者様の言葉を共感をもって傾聴することから始まります。外来診療においては「診療の基本姿勢」にあるように、インフォームド・コンセントの徹底を図っています。2011年より医師の接遇についてのアンケートを開始し、患者様のフィードバックを参考に、医師の接遇マナー向上を図り、患者様が質問しやすい雰囲気作りに心がけています。病棟では、7年前から退院の際に入院生活についてのアンケートを実施してきました。アンケート結果は、すべての職員のパソコンや携帯電話に配信され、各部署でサービス向上に役立てられています。また、患者様の病院選びの参考にしていただけるよう、インターネット上にすべて公開しています。

3. 診療科概要

最後に各診療科の概要を説明します。

●産科: 充実した素晴らしい出産を体験できるよう一貫したケアを心がけています。これまでと同様に自然分娩と母乳育児を中心とした周産期医療を実施します(*1)。無痛(和痛)分娩もこれまで通り実施します。
 一生の思い出となる出産体験がより豊かなものとなるよう様々な工夫をしています。2011年より3D/4Dエコーの外来を設けました。2013年9月には、お腹の赤ちゃんのエコー画像を見られる新しいエコー動画配信サービス「Angel Memory(エンジェルメモリー)」をスタートしました(*2)。病棟では、優しくて親切と定評ある看護師・助産師が患者様の療養のお世話にあたっています。産前産後のケアでは、母親学級父親学級骨盤ケア教室母乳外来ベビーマッサージファーストサインマタニティヨガ、そしてリフレクソロジーと、多様なサービスを提供しています。
 入院中のお食事はとても大切です。お産の後には十分な栄養をバランス良くとることが必要です。ベジタリアンや質素な和食中心の食事を出している産院もありますが、それではバランスよく栄養を摂ることは難しくなります。また、栄養バランスと共に、食事はおいしくなければなりません。私たちの病院では、知識豊かな管理栄養士と一流ホテルで腕を磨いたシェフ達が協力し、バラエティ豊かでおいしいお料理を楽しんでいただくために日々努力しています。

*1:母体や胎児の状態から医師が必要と認めた場合には陣痛を誘発することがあります
*2:エンジェルメモリーは診察時に撮影したエコー動画を、パソコン・スマートフォン・携帯電話・タブレット端末から無料でご覧いただけるサービスです。パソコンでダウンロードして保存もできます。お子様が大きくなったら見せてあげてください。

●婦人科: あらゆる年代の女性の健康に関する相談を受け、診断・治療を行います。患者様に、ご自身の疾病についての理解を深めていただくことにより、心の不安を取り除き病気と向かい合えるような援助を心がけています。東村山に開設している分院、ひまわりウイメンズクリニックからは分娩と婦人科の患者様の紹介を受けています。
 近年は、身体への浸襲の少ない腹腔鏡(ラパロスコープ)による卵巣嚢腫摘出術や子宮筋腫核出術などの手術に力を入れ、2013年には113件の手術を実施しました。子宮鏡による筋腫核出術や、症状や必要に応じて開腹手術も実施します。(卵巣癌や子宮頚癌、子宮体癌などの悪性腫瘍の場合は、より専門的な病院へ速やかにご紹介します)。
 不妊治療の分野では、当院の経営母体である医療法人社団レニア会が、練馬区大泉学園に開設している分院の不妊治療専門クリニック「ウイメンズ・クリニック大泉学園」と連携して治療にあたります。

●小児科: 1960年に当院の前身であるきよせの森総合病院で産婦人科が開設して以来、小児科も共に歩んできました。産科・婦人科医と小児科医が連携して、妊娠・出産から退院後の母子健康と育児にいたるまでトータルな健康管理を目指し、お母様と赤ちゃんをバックアップしてきたこの体制は、アルテミス ウイメンズ ホスピタルになってからも同様です。
 新生児は、原則として生後1日目と退院前に小児科医が診察をしています。専門医の診察により、出生直後から全身状態の観察、検査を行い、異常の早期診断をします。赤ちゃんに治療が必要と思われる分娩には小児科医が立ち会い、適切な処置を行います。専門的診察・治療が必要な場合には高次の医療機関に紹介しています。
 外来では一般診療、乳幼児健診予防接種を行っています。小児の健全な成長を医療面でサポートし、育児支援、病気の予防および病気の診療にあたっています。中学生までは小児科で診療します。予防接種や乳児健診のお子さまが、感染症に罹患することがないように隔離診察室を設けて、安心して受診できる環境を整えています。

●女性内科: 女性と男性のからだでは、かかりやすい病気が違います。女性のからだを守ってくれる女性ホルモンは、ときに精神的ないらだちや産後うつなど、体調不良の原因にもなります。そうした「性差」が原因の症状は、一般内科ではわかりにくい場合があります。女性内科では、専門的な知識を持った医師が女性ならではの症状を的確に診断し適切な治療を行います。

 以上、簡単ですが、私よりの挨拶とさせていただきます。なお、産婦人科のサービスの詳細については当サイトの「産婦人科」メインメニューからの各ページをご覧ください。解らないこと等ありましたらメールや電話でお問い合わせください。外来診療の際にも遠慮なく質問してください。病棟見学会も開催しています。心よりお待ち申し上げます。

PAGE TOP