出産ハンドブック >Ⅰ.病院案内

1. 駐車場・駐輪場

敷地内に車 39 台分と自転車 26 台分の駐車場を無料でご用意しています。診療時間内は患者様専用です。面会者の利用はご遠慮ください。面会者の利用時間は17時 ~ 21時です。詳しくは、「駐車場と受付のご案内」をご覧ください。

 

  注意

① 地震の際は免震装置が動きますので建物近くに駐停車をしないでください

② 場内の事故・盗難につきましては一切責任を負いません。

③ 無許可駐車を禁じます(悪質な場合は建造物不法侵入として警察に通報します)。

④ ゴミの投棄を禁じます(悪質な場合は警察に通報します)。

⑤ 危険物の持ち込み及び火気の取り扱いを禁じます。

⑥ 騒音を発することを禁じます。

⑦ 駐車後は直ちにエンジンを切ってください。




全面禁煙  受動喫煙のない社会を

病院敷地内全面禁煙です。無煙タバコや電子タバコ等の火を使わない器具を使用した喫煙も禁止します。
妊娠中の自転車の使用はお勧めしません。

2. 受付

まろにえ富士見通り側にある正面入口は8:20~18:00まで利用できます。夜間・時間外は第1駐車場からの入口を利用してください。面会の方は必ず受付で面会の手続きをお願いします。

 

3.キッズルーム

アルテミスをご利用する方の為にキッズルームをご用意しています。専任の保育スタッフが責任を持ってお預かりします。キッズルーム内は木の形をした本棚、円形のテーブルやカラフルな手洗いコーナー、床暖房付のフローリング、温かな木の質感や明るい色彩のデザインです。詳しくは「キッズルームのご案内」をご覧ください。


感染防止のため、小児科を受診されるお子様、内科を受診されるご家族がいるお子様、感染症の症状を持つお子様のご兄弟はお預かりすることができません。

予約制です。日・祝はお休みです。

8:50から受付できます。

4.患者様相談窓口

患者様からの質問、意見、要望、苦情は、下記の場所と日時で承っています。相談にあたり患者様の不利益になることはありません。また、秘密厳守を徹底しますのでご安心ください。

① 直接窓口で: 1階総合受付

② 電話で: 042-472-6111(受付時間:平日9:00~16:30 土曜日9:00~12:00)

③ FAXで: 042-472-6112

④ emailで: soudan@artemis.tokyo



メールには必ず返信しています。返信メールが届かない場合、患者様のPCの受信セキュリティー設定により、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。迷惑メールフォルダをお調べになって返信メールがない場合は、お電話で連絡してください。

 

5.コンシェルジュ・サービス

産科入院の患者様やご家族へのサービスの一環として、コンシェルジュ・サービスを用意しています。入院オリエンテーションや施設、各種サービスの案内はもとより、入院中にお困りの事全般を承っています。産後の入院生活がより快適に過ごせるようにコンシェルジュがお手伝いをします。「コンシェルジュ・サービスのご案内」をご覧ください。

(1) コンシェルジュの呼び出し
ご用の際はナーステーションまで足を運ぶ必要はありません。Skypeや携帯電話でコンシェルジュを呼ぶことができます。遠慮なくご利用ください。
① 携帯電話: 電話番号は、080-7699-7706 です。通話料が発生しますので1コールで構いません。後ほど折り返しをします。
② 詳しくは「コンシェルジュ・コールのご案内」をご覧ください。
 







利用可能時間は9:00~18:00
入院期間中に利用できるサービスです。上記の時間以外はコンシェルジュが不在のため、ナースコールで連絡をしてください

(2) 4階カフェテリアと売店(プチマルシェ)
4階カフェテリアは、入院患者様や来院者の食事や喫茶、出産オリエンテーションの会場として利用しています。時間帯によっては入院と外来の方の利用が重なる場合があります。予めご了承ください。
なお、患者様以外の利用を制限することはありませんので、ゆっくりとお過ごしください。ご不明な点はコンシェルジュに問い合わせください。詳しくは「4階カフェテリアのご案内」をご覧ください。

6.ハイレゾ音響によるBGM

外来待合室、新生児室、授乳室、4階カフェテリアで、ハイレゾ音源によるBGMを流しています。一般のCDは、保存するデータの容量を少なくするために耳で聞こえる以外の音域(高周波と低周波)をカットしています。この高周波と低周波をカットしないのがハイレゾ音源です。ハイレゾ音源には心身を癒やすリラックス効果があり、胎教にも良いと言われています。

 

出産ハンドブック >Ⅱ.外来

1.妊婦健診

医師の指示に従い妊婦健診を受けてください。医師の指示通りに妊婦健診を受けていない場合、分娩予約をお断りすることがあります。医師への質問は遠慮無くしてください。医師の説明が分かりづらかったり、質問しづらかったり、医師に質問し忘れたことがあった場合は、診察後にその旨をスタッフに告げてください。迅速に対処いたします。



外来診療の改善に役立てる目的で、医師の説明や接遇についてのアンケートを実施することがあります。ご協力ください。

(1) 妊婦健診の内容、スケジュール、費用について

 「妊婦健診の予定と費用」をご覧ください。

予約時間の 15 分前に来院してくだい。

妊婦健診にはご家族も一緒に診察室に入ることができます。

(2) 保険が適用される主な症状
つわり(重症妊娠悪阻)、切迫早産、流産、子宮頸管無力症、妊娠高血圧症候群、切迫流産、前期破水、 早産、逆子、前置胎盤の超音波検査、児頭骨盤不均等の疑いでX線撮影、合併症、甲状腺機能の再検査、等々

 

「妊娠中毒症」の中で、高血圧を伴う病的状態をまとめた病名を「妊娠高血圧症候群」と呼びます。

(3) 妊婦健診受診の際の手続きや検査等について
「妊婦健診の受け方」をご覧ください。

初回の妊婦健診に必ず提出していただくもの

1.ウイルス等感染症検査についての説明書・同意書

2.食物アレルギー・嗜好調査票

(4) 毎回持参するもの

1. 診察券

2. 予約票

3. 母子手帳(名前、出産予定日ほか記入できるところはすべて記入してください)

4. 妊婦健診受診票(お持ちのものすべて)

 



自治体の公費割引制度を利用するには母子手帳と妊婦健診受診票が必要です。

2. 産科医療補償制度 / 出産育児一時金

(1) 産科医療補償制度

アルテミス ウイメンズ ホスピタルは産科医療補償制度に加入しています。出産する患者様に登録証をお渡ししますので、通院中の方は20週6日までに出産オリエンテーションに参加し、所定の登録用紙に必要事項を記入して提出してください。他院で登録証の交付を受けた方は、オリエンテーション当日にご持参ください。


産科医療補償制度の役割

① 分娩に関連して発症した脳性麻痺になった場合の経済的な補償

② 事故原因の分析や再発防止に資する情報の提供

③ 紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上

(2) 出産育児一時金
産科医療補償制度に加入している医療機関で出産した方には、赤ちゃん一人につき42万円が支給されます。なお、産科医療補償制度に加入していない所で生まれた場合は、40.4万円が支給されます。

 

3. 3D/4Dエコー

女性検査技師が、最新の3D/4D超音波診断装置を使用して検査します。赤ちゃんが動いている様子をリアルタイムで見ることができます。詳しくは 「3D/4Dエコーのご案内」をご覧ください。

4. エコー動画配信サービス(Angel Memory)

妊婦健診中に撮影する超音波画像がパソコンや携帯電話でご覧いただける動画配信サービスを実施しています。詳しくは「Angel Memoryのご案内」をご覧ください。



5. 助産外来

詳しくは「助産外来のご案内」をご覧ください。



6. 出生前診断

出生前診断(しゅっしょうまえしんだん)とは、胎児の異常の有無の判定を目的として、染色体異常の有無を判定するクアトロテストや羊水検査をはじめとした妊娠中に実施する検査をさします。出生前診断を希望される方は、初回の妊婦健診(妊娠11~13週前後)の際に、直接医師へおたずねください。



NIPT(非侵襲的出生前遺伝学的検査)を希望する場合は他院で行います。

7. 産科プログラム

(1) 病棟見学会

(2) 出産オリエンテーション

(3) 無痛(和痛)分娩説明会

(4) 母親学級

(5) 父親学級

(6) 福らはぎほっとトリートメント

(7) 武田広行のマインドフル整体

(8) トコちゃんの骨盤ケア教

(9) 助産ヨーガ

(10) 産後ヨーガ

(11) マタニティ・ヨガ

(12) 桶谷式乳房マッサージ

(13) ベビーマッサージ

(14) ファーストサイン

(15) アルきよ同窓会

8. きずなメール

きずなメールプロジェクト(NPO)が始めたデイリー・マタニティ支援メールです。 妊婦さんがスマートフォンまたは「ガラケー」から出産予定日を登録すると、妊娠41週6日目(正期産終了日)までの間、週数に応じた赤ちゃんの成長の様子や妊婦さんが妊婦生活を送る上でのアドバイス、体調管理や食事面のアドバイス、病院からの最新のお知らせやスタッフからのメッセージなどを毎日受け取ることができます。産後の支援メールもあります。詳しくは「きずなメールのご案内」をご覧ください。出産後のきずなメールについては「産後きずなメールのご案内」をご覧ください。

出産ハンドブック >Ⅲ.分娩予約

1. 出産オリエンテーション

予定日が決まりましたら、通院中の方は20 週6 日までに必ず出産オリエンテーションにご出席ください。産科医療補償制度の登録、手続き書類の作成、入院中のルール、各種プログラム等についての重要な説明があります。お茶とクロワッサンをご用意してお待ちしています。パートナーやご家族も参加していただけます。就学前のお子様は同席できません。キッズルーム(無料)をご予約ください。

・ 1 時間半程度を目安にしてください。
・ 出席後、診察を受ける場合開始時間から2 時間以降で予約してください。
・ 開始15分前に1階総合受付にお越しください。

a.各種ご案内:

妊婦健診の予定と費用

プリペイドのご案内

妊婦健診の受け方

3D/4Dエコーのご案内

エンジェルメモリーのご案内

助産外来のご案内

病棟見学会のご案内

母親学級のご案内

父親学級のご案内

マタニティヨガのご案内

トコちゃんの骨盤ケア教室のご案内

助産ヨーガのご案内

産後ヨーガのご案内

アルテミス@きずなメールのご案内

アルテミス@産後きずなメールのご案内

□ 産科医療補償制度のご案内(オリエンテーション時に配布します)

コンシェルジュ・サービスのご案内

コンシェルジュ・コールのご案内

4階カフェテリアのご案内

キッズルームのご案内

駐車場と受付のご案内

入院時に持参するもの・病院が用意するもの

お産前の注意点

無痛(和痛)分娩のご案内

Precious Time Plan

福らはぎほっとトリートメントのご案内

マインドフル整体のご案内

入院スケジュール

入院スケジュール 帝王切開

産後のお食事について

面会と宿泊の規則

母乳外来のご案内

二週間健診のご案内

ベビーマッサージのご案内

ファーストサインのご案内

入院患者様ポータルサイトのご案内

出産費用のご案内(クリアファイルに入っています)

b.提出書類:

次章「IV. 分娩・入院生活・退院」をお読みになった上で、以下の提出書類に必要事項を記入してください。

(1)出産オリエンテーション参加時にコンシェルジュに提出(20週6日まで)

・産科医療補償制度登録証

・出産育児一時金の直接支払制度合意確認書 Aプラン用 または Bプラン用

・入院同意書(入院に際しての同意事項 をご一読ください)

(2)妊婦健診等で来院した際に総合受付に提出(まとめて32週目まで)

・分娩に際する説明・承諾書

・産科病棟問診票

・食物アレルギー・嗜好調査票

・バースプラン

・お部屋の希望






産科医療補償制度の登録手続きと入院申込書の記入は、オリエンテーションの際に、お願いしています。
バースプラン記入項目には、バースプラン と記します。
お部屋の希望記入項目には、お部屋の希望 と記します。

2. 出産費用

「出産費用のご案内」をご覧ください。

3. 分娩予約申し込み

妊婦健診で予定日が決まった日から分娩予約を受け付けます。予約はできるだけ早くお済ませください。分娩予定数が多いと予約が締め切りになることがあります。34 週6 日を過ぎると、アルテミス ウイメンズ ホスピタルでの出産ができなくなりますのでご注意ください。



直接支払制度の詳細は、1 階総合受付・会計窓口にお問い合わせください。

(1) 予約手続き

1階総合受付でお申し込みになるか、Web サイトのトップページの分娩予約 から手続きページに進み、手続きをしてください。
 

(2) 予約の完了

出産オリエンテーションに参加し、分娩予約金をお支払いになれば予約は完了します。提出書類は予約をなさった後お時間のあるときにご提出ください。ただし通院中の方は産科医療補償制度の登録手続きと入院同意書の提出を必ず20 週6 日までにお済ませください。
 

(3) 分娩予約金

分娩予約金には、A およびB の2 つのプランがあります。

A プラン: 500,000 / B プラン: 200,000 + 直接支払制度手続き
 





入院同意書の提出がない場合は予約がキャンセルされます。
キャンセルの場合はお預かりしている分娩予約金を全額返金します。

(4) お支払い方法

銀行振込、現金、デビット/ クレジットカードから選択ができます。振込手数料は患者様のご負担となります。

① 決済ステーション: 分娩予約申込からログインして決済ステーション画面に進んでください。クレジットカードでのお支払いはVISA、マスターカードがご利用できます。銀行振込を選択するとあなたに割り当てられた専用口座が表示されますので、銀行からその口座宛にお振込をお願いします。Web 上で入金管理をしますので預かり証( 預かり控え) の発行はありません。

② 通常の銀行振込: 下記の振込先口座にお振り込みください。必ず所定の欄に患者様のカルテ番号と氏名を記入してください。カルテ番号と氏名の記載がないと入金処理が出来なくなることがあります。振込控えは預かり証の代わりとなりますので、来院時にお忘れなく会計窓口にお持ちください。

 【 振込先口座】
振込銀行: 三井住友銀行清瀬支店
口座番号: 普通預金4764950
口座名: 医療法人社団レニア会一時預り口
フリガナ: イ)レニアカイイチジアズカリグチ

③ 現金またはデビット/ クレジットカード: 1 階総合受付・会計窓口でお支払いください。入金処理と預かり証を発行します。銀行振込からの支払い方法の変更もできます。







土曜午後、日曜、祝日はお休み

出産ハンドブック >Ⅳ.分娩・入院生活・退院

A.分娩

1. 入院時に持参するもの・病院が用意するもの

「入院時に持参するもの・病院が用意するもの」をご覧ください。

2. 陣痛と入院

規則的な子宮収縮(陣痛) が始まったら病院に電話してください。陣痛の間隔は、初産の方は10 分毎、経産婦の方は20~30 分毎が目安です。破水した場合はナプキンをあててすぐに病院に電話してください。シャワー・お風呂は控えてください。入院の指示があり次第来院し、2階のLDR(※)(状態によっては一般病室)に入室していただきます。帝王切開が適用される場合は手術室に移動します。詳しくは「お産前の注意点」をご覧ください。


LDRとは陣痛から回復まで過ごす個室の分娩室です。
陣痛~出産までは2階LDRに入院します。出産後、3階個室に移動します。

3. 管理入院

陣痛開始や破水後の経過観察が必要な場合、墜落産の恐れがある場合、予定日を超過し過期産になる恐れがある場合、その他医師が入院による管理が必要と判断した場合は「管理入院」をしていただきます。管理入院後は、医師が必要と判断した場合は、充分な説明とご本人の同意の下、分娩を促す措置や手術を施すことがあります。管理入院には、入院期間日数に応じて入院料と室料がかかります(管理入院の費用については「出産費用のご案内」をご覧ください)。



4. 立ち会い分娩

正常分娩に限り、夫または実父母、義父母、兄弟(18歳以上)のうち1名、患者様本人の同意があれば立ち会い分娩をすることができます。帝王切開、吸引分娩、鉗子分娩等の異常分娩では立ち会いはできません(写真またはビデオ撮影をすることができます。ただし、撮影する場合は必ずスタッフの指示に従ってください)。立ち会いをするご家族は、面会時間外であっても産後2時間まではLDR内で面会することができます。管理入院中の場合は、朝8時30分から面会することができます。立ち会いをしないご家族は、2階デイルームまたは外来デイルームでお待ちください。大変申し訳ありませんが、お子様の立ち会いは、感染予防と安全管理上の理由でお断りしています。お子様にはキッズルームのご用意があります。



バースプラン

夫、実母以外の立ち会いを希望される場合はスタッフへご相談ください。

5. 無痛(和痛)分娩

「無痛分娩について」をご覧ください。


バースプラン

B.入院生活

1. 病室選択とプレシャスタイム・プラン

出産後に宿泊する3階病棟は全室個室(29床)です。室料15,000/日のお部屋(3室)は、プレシャスタイム・プランという特別なサービスパッケージがあらかじめ付いています。その他の26床はタイプに応じ、室料無し~2,000/日のお部屋があります。こちらのお部屋(26床)にプレシャスタイム・プランを付けることができます。



お部屋の希望

部屋のタイプ 概 要 室料
(税込)
プレシャスタイム・プラン
① カサブランカ 2 室(302、305)/南側、セミダブルベッド、シャワー・ド・バス、シャワートイレ、セミダブルソファーベッド、 ハイレゾステレオ、40型インターネットテレビ、アミカライト(サロン仕様の ドライヤー)、アロマポット 15,000/日   付き
② プルメリア 1 室(313)/ 南側角、富士山ビュー、セミダブルべッド、シャワー・ド・バス、シャワートイレ、ソファーベッド、ハイレゾステレオ、40型インターネットテレビ、アミカライト(サロン仕様のドライヤー)、アロマポット 15,000/日   付き
③ ジャスミン 8 室(301、303、306、307、308、310、311、312)/ 南側、シングルベッド、シャワー・ド・バス、シャワートイレ、ソファーベッド、ハイレゾステレオ、32型インターネットテレビ、アロマポット 2,000/日 室料込み9,000/日または室料込み10,000/日で適用可
④ 室料無しの部屋
  マーガレット

10 室(325 ~ 336)/ 北側、デッキテラス付き、シングルベッド、シャワー・ド・バス、シャワートイレ、テレビ、アロマポット

  /
  アルテミス 8 室(315 ~ 323)/ 南側、シングルベッド、シャワー・ド・バス、シャワートイレ、テレビ、アロマポット   /
⑤ コネクティング仕様 301+302、 303+305、 306+307、 308+310、 311+312 19,800+室料 / 日
家族の宿泊費、 食事代別
  〃

※ プレシャスタイム・プランは、室料込み10,000/日です。入院途中からでもつけられます。ただし、退院日まで継続のご利用が条件となります。
※ フルプレシャスタイム・プランは、室料込み9,000/日です。3階病棟に入院した日から退院日までの利用が対象です(カサブランカ、プルメリア 除く)。
※ 内容、価格は予告無しに変更することがあります。単位は円。



(1) プレシャスタイム・プラン

このプランはベーシックな入院サービスに含まれていない特別なサービスの パッケージです。詳細は 「Precious Time Plan」に記載されています。以下は同プランの運用規則です。

① カサブランカ、プルメリアはプレシャスタイム・プランとセットで室料が定められています。

② ジャスミンと室料無しの部屋(マーガレット、アルテミス)にプレシャスタイム・プランを適用することができます。室料込み9,000/日 または 室料込み10,000/日 で利用できます。

③ 入院期間の途中からプレシャスタイム・プランに申し込むことができます。その場合は退院まで継続して同プランを利用していただきます。退院日も室料と同様にプラン料金が発生します。例:入院期間最後の1 泊2 日にプレシャスタイム・プランを適用した場合、2 日分の費用を申し受けます。




(2) お部屋の選択

下記のルールをお読みになった上でお部屋を選択し、「お部屋の希望」に記入してください。

① 室料のある部屋をご希望の方は、カサブランカ(2 室)、プルメリア(1 室)、ジャスミン(8 室)からお好みのタイプを選んでいただきます。

② 室料無しの部屋をご希望の方には、患者様のご要望に配慮しつつ看護師が割り当てます。

③ 希望するタイプの部屋に空きの無い場合は、空きのある別タイプの部屋から選んでいただきます。その場合は選んだ部屋の室料の差額請求が発生します。入院後に希望の部屋が空き次第、転ベッドをすることができます。

④ 特段の事情がある場合を除き、室料無しの部屋の間の部屋移動はできません。

⑤ コネクティングルームは、同時期に2組が利用できます。病室の空き状況によっては、利用できないことがあります。予めご了承ください。1泊の場合、費用は2日分です。詳しくはコンシェルジュに問い合わせてください。








部屋移動は、3階病棟に入院した順になります。

内容、価格は予告無しに変更することがあります。

2. 入院オリエンテーションと入院患者様ポータルサイト

出産後、3階の病室に移動します。患者様ご自身のスマートフォン、タブレット端末
入院患者様ポータルサイト内の入室オリエンテーションの動画を必ずご覧ください入院患者様ポータルサイトでは、入院生活や産後に必要な情報の閲覧、コンシェルジュ・サービス、リフレクソロジーの予約等、多岐にわたる機能が備わっています。詳しくは「入院患者様ポータルサイトのご案内」をご覧ください。



ひまわりウイメンズクリニックから転院された方は、吉村院長とSkypeでお話が出来ます。

3. 入院期間と入院中のスケジュール

(1) 入院期間

正常分娩と帝王切開のそれぞれの場合の入院期間について説明します。いずれの場合も、母体の回復状況により、医師が入院期間の延長を指示することがあります。また、ご本人の要望により入院期間を延長することもできますので、いつでも看護スタッフに相談してください(入院期間の延長の費用は、「出産費用のご案内」に記載しています)。

① 正常分娩: 出産後2 時間を経過して問題がなければLDRから3 階の個室に移動します。基本の入院日数は、6日間(5泊6日)です。経産の方で本人が希望し、医師が許可した場合は5日間(4泊5日、午後2時退院)に短縮できます。

② 帝王切開: 手術後、2階の病室に移動します。その後、(手術日を0日目として)2日目に3階の個室に移動します。退院日時は傷や全身の回復具合により医師が判断します。標準的な入院日数は9 日間(手術前日~術後7日目)です。なお、午後の退院を希望する際はご相談ください。
 

(2) 入院中のスケジュール

入院中のケアについては「入院スケジュール」「入院スケジュール帝王切開」をご覧ください。



4. 母乳育児の推奨

母乳育児を推奨しています。初乳が分泌され始めてから3日または4日が経過して緊満が起こるまでは、日中3 時間毎の授乳を指導しますが、赤ちゃんが母乳を欲しがるときは、欲しがるだけ吸わせてください。赤ちゃんに体重減少が見られるときには、お母さんと相談して補助的に粉ミルクを使う場合があります。母乳育児は、栄養面でも、免疫面でも、心の面でも、赤ちゃんにとって望ましいといえますが、だからといって母乳の量が少ないことに悩む必要はありません。粉ミルクを補助的に与えることで栄養面の問題はなくなります。免疫面と心の面では、量が少なくとも続けて赤ちゃんに母乳を与えようとすることで大きな効果が期待できます。以下に、母乳育児についての総師長からのメッセージを紹介します。



母乳のことで悩まないで

「無理ない範囲の母乳育児」をモットーに母乳育児を推奨しています。母乳の出は人それぞれで異なります。母乳の分泌が少ないことがプレッシャーにならないように、個々の患者様の状況にあわせてご指導しています。退院後も「体重チェック」「母乳・育児相談」等、継続した支援をしています。

 

母乳の構母乳の分泌は産後2~4日くらいから始まります。およそ産褥4日目頃までに出る母乳を「初乳」と呼び、この中に免疫力をつける成分が多く含まれます。構成成分は、初乳から移行乳、そして成乳へと日を追うごとに変化しますが、初乳を過ぎても免疫力をつける成分がまったく失われるわけではありません。たとえ滲む程度だとしても赤ちゃんが毎回吸って吸収できれば、効果は期待できます。

 

母乳が出ない人はいません。赤ちゃんに吸ってもらうことで母乳の分泌が増えていきます。母乳育児では飲ませる回数と期間が大切で、これが母子同室をお勧めする大きな理由の一つです。はじめは飲む量は気にせず回数を多く吸わせてください。分泌の少ないお母様には、毎回赤ちゃんに吸ってもらうこと、少しの初乳でも量の問題ではなく吸わせること、赤ちゃんをしっかり抱いて目を見て優しく語りかけながら飲ませてあげれば、母子の愛着形成に何ら変わりないということをお話しし、前向きに取り組んでいただいています。

 

ベビー搬送や母体搬送で産後、離ればなれになった母子には、そうした点を強調しながら、心のケアに重きをおいた支援をしています。初産や帝王切開後は母乳の分泌が遅くなる傾向があります。母乳の出が人それぞれで異なるのは当たり前ですから、他の人と比べて落ち込んだりしないようお話します。入院中に涙をこぼされることがあっても、退院時には前向きな気持ちで帰宅していただいています。

 

アルテミス ウイメンズ ホスピタル 総師長 岩田 政子











文献(PERINATAL CARE 2015 1 月号)によりますと、生後6 ヶ月までは母乳だけで育てた方が免疫力の効果は大きく、より長く母乳育児を続け、より多く母乳を飲むと、母乳育児のメリットは子供と 母親双方にとって大きくなります( 量依存性効果)。小児疾患に罹患するリスクが低下し、母親は糖尿や高血圧などの疾患のリスクが低下するそうです。母乳は人工乳に比べて多くの病気の予防効果に有意差があることは様々な研究報告であきらかにされています。

5. 母子同室

出産当日を0日目と考え、産後1 日目の10:30から母子同室を始めます。24時間母子同室が基本方針ですが、お母さんが心身に負担を感じる場合は新生児室で預かります。

(1) 母子同室のメリット

  1. ① 母子の触れ合いが増え、赤ちゃんに安心感を与えることができる。
  2. ② 赤ちゃんの訴えていることが何なのかをお母様が早いうちにわかるようになるため、退院後の赤ちゃんとの生活に順応しやすくなる。
  3. ③ 赤ちゃんが欲しがるときに授乳ができるので十分な量の母乳を飲むことができる。頻繁に授乳することで赤ちゃんは栄養素と抗体が得られるため、感染症にかかるリスクが小さくなる。
  4. ④ 赤ちゃんの異常を早期発見できる。




ご希望があれば、出産当日から母子同室を開始できます。

母親は看護スタッフよりも早く赤ちゃんの医学的問題の症状や兆候を発見するとの知見があります。

(2) 母子同室の際の注意事項

  1. ① 赤ちゃんを1人にしないでください。お部屋を離れるときは新生児室に預けてください。
  2. ② 赤ちゃんはコット(新生児用のキャリーベッド)に寝かせて移動をしてください。
  3. ③ 窒息防止のため、うつぶせ寝はさせないでください。

6. 入院中の指導とプログラム

(1) 調乳指導

  1. ① 対象: 希望者
  2. ② 日時: 月曜日と水曜日と金曜日のいずれか 10:50 ~
  3. ③ 場所: 4階ホール(月)、カフェテリア(水・金)



(2) 退院指導

  1. ① 対象: 初産の方は全員、経産の方は希望者
  2. ② 日時: 火曜日と金曜日 13:40~
  3. ③ 場所: 授乳室

分娩の翌日から退院の前日までの間に受けてください。

(3) リフレクソロジー無料サービス

詳しくは「福らはぎほっとトリートメント」をご覧ください。

7. お食事

出産後は産後特別食を提供します。正常分娩の場合は、出産当日まではお部屋で、翌日から4階のカフェテリアで食事を提供します。帝王切開を受けた患者様は、3階病棟に移動するまではお部屋で、移動後は4 階カフェテリアで食事を提供します。特別の事情がなければ、産後3日目(帝王切開は産後5日目)にセレブレーションディナーを提供します。食べ物の持ち込みは、塩分・添加物他栄養全般と衛生の管理に支障が生じるのでお控えください。


「減塩・脱化学調味料」でレストランより美味しいメニューを目指しています。減塩や無添加にこだわるとともに、産後に必要な栄養を十分に摂れるようカロリー計算しています

8. ご家族の宿泊(有料オプション)

ご家族が宿泊を希望する場合はナースステーションに申し込んでください。大人の方にはパジャマとアメニティ、お子様にはアメニティを用意します。料金は「出産費用のご案内」に記載しています。チェックインは 午後2 時から午後9 時(寝具: 午後5 時搬入・午前9 時引き下げ)の間にお願いします。申し込み締め切りは当日午後4 時です。詳しくは「面会と宿泊の規則」をご覧ください。

  1. ① 室料無しの部屋にご家族が宿泊する場合は簡易ベッドを用意します。簡易ベッドの数に限りがあるためご要望に添えない場合があります。
  2. ② 小学4年生(または小学4年生相当)未満のお子様の宿泊は、お母様の他に大人の同伴が必要です。
  3. ③ 大人の方は宿泊に際し禁煙の誓約書を提出していただきます。禁煙が守れない方の宿泊はお断りします。
  4. ④ 各部屋の専用ベランダから隣室エリアへは立ち入り禁止ですので、ご注意ください。

9. ご家族のお食事(有料オプション)

4階カフェテリアでは、ご家族も一緒にお食事ができます。産後特別食、カレーの追加注文は、コンシェルジュにお申し付けください。セレブレーションディナーの追加はオーダーシートでご注文ください。患者様、ご家族の要望に合わせて席をご用意します。価格についてはこちらをご覧ください。

10. 面会

「面会と宿泊の規則」をご覧ください。


11. 一ヶ月健診の予約

赤ちゃんのカルテ番号が決まりましたら、コンシェルジュが予約を取り、お知らせに伺います。


出産ハンドブック >Ⅳ.分娩・入院生活・退院

C.退院

1. 退院の時刻と手続き

以下の時刻までに会計をすませ退院していただきます。会計スタッフが9:30から10:30までの間に、部屋に訪問いたしますので会計をお済ませください。(退院日が日・祝日の場合は9:30から10:30までの間に、1階総合受付・会計窓口で会計をお済ませください)。

会計後に病棟スタッフが部屋に訪問し、母子手帳と出生届をお渡しします。

正常分娩: 11:00

帝王切開: 午前退院(11:00)または午後退院(13:00~14:00)。医師の指示によります。

退院日の前日に、入院費用の概算を部屋にお届けします。



次に入室する患者様のためにも、特段の事情がある場合を除き、時間厳守をお願いします。
プレシャスタイム・プランをご利用の患者様は会計時間の指定が可能です(日・祝を除く)。

2. 退院後の産科プログラム

(1) 母乳外来と二週間健診

「母乳外来」「二週間健診のご案内」をご覧ください。


(2) 産後ヨーガ

「産後ヨーガのご案内」をご覧ください。


(3) 桶谷式乳房マッサージ

「桶谷式乳房マッサージのご案内」をご覧ください。


(4) ロイヤル・ベビーマッサージ

ロイヤル・ベビーマッサージは、リフレクソロジーのノウハウを応用したタッチセラピーです。赤ちゃんへの皮膚刺激は、循環器や呼吸器系の働きを活発にします。赤ちゃんはお母さんの素手で触られることにより、ストレスを解消し、リラックスできます。夜泣きや便秘にも効果的です。詳しくは「ベビーマッサージのご案内」をご覧ください。


(5) ファーストサイン

手遊びやジェスチャーでお母さんと赤ちゃんのコミュニケーションを深めるプログラムです。詳しくは「ファーストサインのご案内」をご覧ください。


(6) アルきよ同窓会

詳しくは「アルきよ同窓会」をご覧ください。


価格、内容は予告なしに変更することがあります

 

 

 

 

 

メニューへ戻る