アルテミス ウイメンズ ホスピタル

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について

4月8日(水) 更新

緊急事態宣言を受け、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を更新しました。感染拡大防止のため、厳守いただきますようお願い申し上げます。

ただし、小児科は通常通りの診療をしています。

緊急事態宣言発令に伴う変更点

  • 1. 病棟見学会、母親学級の中止
  • 2. 面会の中止
  • 3. 婦人科手術の立ち会い見合わせ

院内では、必ずマスクを着用してください。マスクを着用していない場合、院内への立ち入りはできません。

外来

  • 1. 当院受診中で 「37.5 度以上の発熱が 3 日以上続き、 倦怠感・咳・ 呼吸器症状がある方」 は直接来院せず、042-472-6111までご連絡ください。
  • 2. 他院を受診中で、 症状がおさまらない方のセカンドオピニオンはお断りします。
  • 3. アルテミス ウイメンズ ホスピタルでは、 新型コロナウイルス感染症の検査はできません。 必要に応じて、 インフルエンザ ・ 溶連菌等の検査を行いますが、 新型コロナウイルス感染症が疑われる場合は、 連携病院を紹介します。
  • 4. 外来患者様の夫の付き添いはお断りします。ただし、医師の指示がある場合、緊急症状の患者様に付き添う場合は可とします。
  • 5. お子様はなるべくお連れにならないでください。お連れになる場合は、キッズルームをご利用ください。
  • 6. 外来患者様の病棟・4Fカフェテリアへの立ち入りはご遠慮ください。
  • 7. 桶谷式母乳外来、母乳外来・育児相談、二週間健診の付き添いは、1Fで待機とします。

各種クラス

  • 1. 各種クラスの実施については、以下をご確認ください。

        中止
    • 父親学級、助産ヨーガ、マタニティ・ヨガ、産後ヨーガ、ベビーマッサージ、トコちゃんの骨盤ケア教室、病棟見学会、母親学級
        実施
    • 出産オリエンテーション、無痛(和痛)分娩説明会
      • ① 本人のみの参加とします。付き添いの方は参加できません。
        ※ 無痛(和痛)分娩説明会は医師の指示により付き添い可能です。
      • ② 参加当日は自宅で検温し、1Fで問診票を記入してください。症状のある方は参加をお断りする場合があります。
  • 2. お子様連れでの参加はお断りします。お子様をお連れになる場合は、必ずキッズルームをご利用ください。
  • 3. 出産オリエンテーションの病棟内の見学は見合わせします。
  • 4. プチマルシェは営業していませんが、各種クラス参加者で購入をご希望の方はコンシェルジュにお声かけください。

入院

1. 付き添い ・ 立ち会い
  • ① 付き添い・立ち会いは、夫または実母のどちらか1名とします。
  • ② 帝王切開の立ち会いは見合わせします。
  • ③ 病院で用意したガウンを着用してください。
  • ④ 風邪症状や熱がある場合は、 絶対にお越しにならないでください。
  • ⑤ 婦人科手術の立ち会いは見合わせします。
2. 面会
  • 面会は全て中止します。ご了承ください。
3. 食事

入院中の食事は、全て部屋配膳※とします。バイキング、くじ引きイベント等の実施は見合わせします。
※ 部屋配膳のオプション料金はかかりません。

4. 家族宿泊 ・ 追加食

家族宿泊は見合わせします。 ご家族への食事の提供は承りません。

5. 4Fのご利用について
  • ① 各種クラス参加者など外部の方の出入りがあるため、入院患者様とご家族の4Fへの立ち入りはご遠慮ください。
  • ② プチマルシェ・自動販売機での購入をご希望の方は、3Fコンシェルジュまでお申し出ください。
    ※ ご用意までにお時間をいただく場合があります。
  • ③ 福らはぎほっとトリートメント・武田広行のマインドフル整体の施術は、入院患者様に限り、3F個室で行います。ご利用の際は、3Fコンシェルジュにお申し出ください。
    ※ 退院後の方や、有効期限が4月8日以降のチケットは、受付再開後に利用できます。

その他

  • アルきよ同窓会は中止します。詳しくはこちらをご覧ください。

ビデオ通話機能による面会

Skype・LINE 等のビデオ通話機能を利用した面会をおすすめします

  • 1. 母子同室の様子をご家族 ・ ご友人にお知らせしましょう。
  • 2. ビデオ通話の方法がわからない場合は、 コンシェルジュまでお申し出ください。

撮影の注意点

  • 1. LDR では分娩後の撮影はできますが、 廊下の撮影はできません。 必ずスタッフの指示に従ってください。
  • 2. 他の患者様や赤ちゃんが写らないように撮影してください。

PAGE TOP