月経異常

 

月経異常には次のような症状があります。ほとんどはホルモンの分泌異常が原因ですが、大きな病気が隠れていることもあります。気になる症状がある方は早めに診察を受けることが大切です。

月経周期の異常
正常な月経周期とは25日以上38日以内です。例えば、前月27日目にあり、その月にやや遅れ35日型になったというのは正常です。しかしいつも40日~50日型、あるいは20日毎に月経がある場合は異常です。

・頻発月経・・・24日以内の周期の月経
・稀発月経・・・月経が40日間隔と遅れがち
・無月経・・・3ヵ月以上月経がない。

月経血量の異常
・月経血量が多く、レバーの塊のような凝血が混じる→過多月経
・極端に少ない月経血量→過少月経

月経の持続期間の異常
・正常な月経の持続期間は3日以上7日以内とされています。8日以上月経が続く→過長月経(本当の月経ではなく無排卵性出血のことが多い)

月経痛などの諸症状
・月経中やその前後に見られる腹痛や腰痛、頭痛、悪心などの症状を月経痛といいます。日常生活に支障をきたさないのであれば正常です。これらの症状が強く、日常生活に支障がきたす場合は月経困難症といいます。