更年期外来

更年期とは老年期に移行する、閉経をはさんでその前後10年ぐらいの期間(45歳~55歳ぐらい)を指します。この時期は女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて、女性ホルモンの分泌量が減少するため、さまざまな体調の変化が起こります。更年期障害の症状は多岐にわたります。

主な症状は、自律神経の働きが乱れて起こるのがホット・フラッシュ(のぼせと発汗)です。上半身が暑くなり、発汗します。手足の冷えや耳鳴りなども多い症状です。 その他にも、動悸、息切れ、疲労感、血圧の変動、頭痛、耳鳴り、イライラ感、気分の落ち込み、関節の痛み、皮膚や粘膜の乾燥、etc。

更年期に当たる方で、気になる症状のある方は、是時一度、ご受診ください。