NIPT ( 非侵襲的出生前遺伝子的検査 )について

アルテミス ウイメンズ ホスピタルはNIPT検査を実施する施設ではありません。
検査を希望される患者様は、ご自身でホームページを検索して対象施設に問い合わせてください。

1. NIPT とは?
 非侵襲的出生前遺伝学的検査 (Noninvasive prenatal genetic testing ) の略です。
お母さんの血液中には胎盤を通して赤ちゃんの DNA が10%程度混ざっています。お母さんから血液を採血し、DNAの断片を分析することで赤ちゃんに染色体疾患があるかどうかを検出します。
 
2. NIPT の検査
① 保険の適用はありません。一般的に20~25万前後の費用がかかります。
② 対象となるのは、出産予定日の年齢が35歳以上の方、染色体疾患に罹患した児を妊娠 もしくは分娩した経験のある方です。
③ 検査期間は施設により異なりますが、妊娠10週~22週の間です。
④ 検査は、施設ごとで行われる丁寧な遺伝カウンセリングの予約枠内で行われます。
⑤ お母さんから血液を20cc採血し2~3週間後に結果が 陽性 / 陰性 で判定されます。
 
3. 検査でわかること
 この検査で検出できるのは、21ト リソミー症候群(ダウン症候群)、18トリソミー症候群、13トリソミー症候群の3つの染色体の数的異常症です。その他の染色体疾患や遺伝子異常の検査はできません。
① 陰性の場合、赤ちゃんがその病気でない確率(陰性的中率)は99.9%といわれています。
② 陽性の場合、診断を確定させるため羊水染色体検査などを行う必要があります。

 

4.  病院間の予約が必要な場合は、医師に相談してください。

※ 内容は予告無しに変更することがあります。


     © 2018 Artemis Women's Hospital