アレルギー外来

舌下免疫療法
スギとダニの舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法)を始めます

・アレルゲン免疫療法とは

アレルギーの原因となっているアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らしていく療法です。根本的な体質改善が期待できます。現在の日本では、スギ花粉症とダニによる通年性のアレルギー性鼻炎に対して適応があります。当院では、舌の下で治療薬を保持する「舌下免疫療法」を行います。小児では、スギは12歳以上(2018年6月より5歳以上)、ダニは5歳以上で治療可能となります。

・舌下免疫療法を開始するには

スギ花粉症の治療は、スギ花粉が飛散している時期は開始できません。通常、6月以降の治療開始となります。ダニの通年性アレルギー性鼻炎の治療は、時期を問わずいつでも開始できます。治療開始に当たり、問診や検査により、まずは確定診断が必要となります。治療は長期間(3~5年)、毎日の服薬が必要となり、治療中の1ヶ月に1回の通院が必要です。その他、治療開始に当たり様々な注意事項がありますのでまずは受診していただき、医師と相談してください。初回は診察に時間が必要なため、必ず電話で予約をお取りください(舌下免疫療法が可能な医師は大西となります)。

※ アレルゲン免疫療法参考ページはこちらからご覧いただけます。

湿疹外来
赤ちゃんから大きなお子様までを対象に湿疹外来を行っています。年齢の制限はありません。

体を外界の刺激から守ってくれる「お肌」をきれいな状態で保つことは非常に重要です。湿疹外来では、スキンケアの指導も含めて治療をいたします。乳児期の正しいスキンケアは、アトピーの発症を減らし、食物アレルギーの予防にもなります。
治療
湿疹の治療は、プロアクティブ療法を取り入れています。
① 最初、湿疹がひどい時は集中して外用薬(ステロイド)を使用します。
② 湿疹が落ち着いたら、徐々に薬の量を減らしていきます。
③ 2歳以上のお子様は症状が落ち着いた後は、ステロイドの代わりにプロットピック軟膏を使用することもあります。
※ ステロイドを使用するのは怖いと思われている方も一度ご相談ください。副作用や使用方法をご説明します。

喘息・食物アレルギーも診療しています。


1. 診療時間

月・火・木・金曜日 午前9:00~11:30、午後15:15~16:30

2. 受診当日の受付場所

初診および保険証の記載事項に変更があった方は総合受付。再診の方は小児科外来

3. 持ち物

初診: 保険証、乳幼児医療証(東京在住の方)
再診: 診察券、保険証、乳幼児医療証(東京在住の方)

4. 予約

予約お問い合わせ先TEL:042-472-6125
( 対応 : 平日9:00-11:30 / 14:30-16:30、土曜9:00-11:30 )

※ 内容は予告無しに変更することがあります。


     © 2018 Artemis Women's Hospital